ハワイレポ

<ハワイ>ボガーツカフェに行ったよ!注文方法&おすすめメニュー

ハワイで大人気のカフェ、ボガーツカフェに行ってきました。

マメ
マメ
ここのフライドライスとアサイボウルは最高!

ボガーツカフェはワイキキからダイヤモンドヘッドに向かう途中の『モンサラット通り』という通りにあるカフェで、観光客はもちろんロコにも人気のお店。

これまで現金しか使えなかったのですが、2019年12月に行くとクレジットカードも使えるようになっていました!

注文の仕方も平日と休日で違ったので紹介します。

マメ
マメ
今回のハワイ旅行で2回行ったので、おいしかったおすすめメニューも紹介するよ。

ボガーツカフェってこんな所!平日と休日で注文方法が違う

ボガーツカフェはモンサラット通りにあるカフェです。

マメ
マメ
最近モンサラット通りが熱いよね!

ボガーツカフェの隣には「有吉の夏休み2018」で放送されたサニーデイズがあったり、通りを渡ったところにはランチプレートが人気のパイオニアサルーンがあったり、もう少し坂を登って行くとブルーベリーチーズスコーンが有名なダイヤモンドヘッドグリルがある通り。

マメ
マメ
行きたいお店がありすぎて困る…。

ボガーツカフェでの注文方法

2019年12月のハワイ旅行では2回訪問したのですが、平日の休日で注文の仕方が違いました。

  • 平日…これまで通りレジで注文&会計⇒札を持って席で待ってると料理が運ばれてくる
  • 休日…外にあるウェイティングリストに名前を書き順番を待ち、席に案内される⇒ウェイターさんに注文⇒食事が運ばれる⇒テーブルで会計

つまり平日は先払いで、休日は後払いになっていました。

マメ
マメ
レストラン式の後払いだと、「きちんとチップ払わなきゃ」という気になるよね。。

平日の場合(先払い)

平日は入って正面にあるレジで注文をします。平日でもこの行列でした。

平日、レジまでの行列

入ってすぐ右にメニュー表があるので、長いレジに並びながら見ることができます。

店内はシンプルで明るい雰囲気。


ただし冷房が強いので長居はできませんし、寒すぎて凍えながらアサイボウルを食べることになります(笑)

少しですがテラス席もあります。駐車場キワキワに席があるので雰囲気がいいとは言えませんが、外国の方にはテラス席のほうが人気です。

テラス席に「reserved」のプレートがあったので、ボガーツカフェでは席の予約もできるみたいですね。

レジで注文をするとナンバープレートがもらえるので、それを持って空いている席につきましょう。注文する前に席を陣取ってしまうと、店員さんに注意されます。(されている人がいました)

席で待っていると店員さんがお水を持ってきてくれ(持ってきてくれない時もある…)、料理ができたら席まで運んでくれます。

平日で先にお会計を済ませている場合、食べ終わったらトイレ前にある食器置きに食器を片付けました。必須というわけではないです。

平日(カフェ式)は食器返却ワゴンがあります。

休日の場合(後払い)

休日は外に「Please Wait to be Seated」と書かれた看板が出ているので、

予約票に名前を書いて席に案内されるのを待ちます。

外には少しですが椅子があるので、座って待ちましょう。

10分ほどで名前を呼ばれ入店。平日とは違いテーブルまでウェイターさんがきてくれるので、テーブルに座ったまま注文します。

テーブルで注文しましょう

食事を食べたら会計もテーブルでします。

クレジットカード払いしたい場合は専用の端末を持ってきてくれます(レジでクレカ払いする場合も同じ端末を使います)。

ボガーツカフェで人気のフライドライス、アサイボウルを食べたよ!

ボガーツカフェはカフェメニューだけでなくガッツリ系の食事系メニューもあり、全部おいしそうなのでいつも何を注文しようか迷ってしまいます。

が、

結局頼んでしまうのが、フライドライスとアサイボウル!!

マメ
マメ
ボガーツカフェ初心者の方はこの2つを頼んでおけば間違いないよ〜!

人気No. 1!ボガーツカフェのアサイボウルは味が濃くておいしい

ハワイで20店舗以上のアサイボウルを食べるほどアサイボウル好きの私ですが、1番好きなのがボガーツカフェのアサイボウル。

ボガーツカフェのアサイボウルは味がしっかりあって、濃厚でおいしい(´艸`*)

値段は年々値上がりしていて今は12.25ドル(2019年12月)でお高めですが、かなり大きな丼に入って出てきます。

こんなに大きいよ!

フルーツもたっぷり!

マメ
マメ
アイランドヴィンテージのアサイボウルの2倍くらいフルーツが入ってるよ。

アサイはキンキンに冷えたシャーベットのような「シャリシャリ系」ですが、シャリシャリ系にありがちな「水っぽさ」「味が薄い」ということがなく濃厚

上部には蜂蜜がたっぷりかかっていて、酸っぱいアサイと蜂蜜の甘さが合わさって最高〜〜!!!o(≧▽≦)o

下までたっぷりアサイが詰まってます。

かなり量があるのでシェアしてもいいですが、私は大好きすぎて独り占めしたいので、毎回1人1つ注文します(笑)

これも間違いない!フライドライス(3種類食べたよ)

アサイボウルと一緒にぜひ注文してもたいたいのがフライドライス。いわゆる”チャーハン”なのですが、ここのフライドライスは破壊的においしいんですよ。

フライドライスは4種類(2019年12月時点)あるのですが、そのうち3種類食べてみたので感想を紹介します。

ママズフライドライス

こちらも人気でよくハワイ本に載っているのが、ママズフライドライス(13ドル/2019年12月)。シンプルであっさりとした醤油味系のフライドライスで、具はマッシュルーム、コーン、ほうれん草。

なんでこんなに美味しいの?ハワイマジック?

ってくらい、これも最高においしいです。ママズフライドライスも結構たっぷり量があるのですが、シンプルで飽きのこない、でもなぜか病みつきになる味でどんどん食べ進めてしまいます。

具がたっぷりで、どこを食べてもおいしい

いつも私と夫、6歳の息子で、フライドライスなど食事系2つ、アサイボウル2つ注文してちょうどいいです。フライドライス1つだと取り合いになります(笑)

ガーリックシュリンプフライドライス

エビ好きの息子のお気に入りはガーリックシュリンプフライドライス(16ドル/2019年12月)。こちらはシンプルな塩味のあっさりチャーハンで、ガーリックも風味程度でガッツリではないので、その後の口臭も気になりません(笑)

エビが大きくてぷりぷり!卵ふわふわ!

難点といえば息子がエビだけ取って食べてしまい、最後には「具なしチャーハン」になってしまう点ですかね…(´-`)

ママドフライドライスは醤油も少し入ってる(気がする)のですが、ガーリックシュリンプフライドライスはシンプルな塩味です。

個人的にはママズフライドライスのほうが好きですが、エビ好きの方はぜひ。

パパズキムチフライドライス

2019年12月訪問時に初めて食べた新メニュー、パパズキムチフライドライスがおいしすぎて腰を抜かしました。

「ハワイに来てキムチチャーハン???韓国じゃなくて??」

と思いましたが、これ、めちゃくちゃおいしいーーーーーー!!!!( ゚д゚)

ガッツリ系が好きな方!これ食べてみて!!!

キムチチャーハンに目玉焼きが乗っただけのチャーハンなのですが、辛すぎず、旨味があってすっごくおいしい。お肉がゴロゴロたーーーっぷり、これでもかってくらい入ってます。お得!

リブアイカルビがごろごろ入ってます

このお肉はリブアイカルビなのだそうで、「やっぱりこれだけ旨味詰まってるわけだわ〜」と思いました。

キムチと焼肉の旨味を凝縮、しかも味は濃すぎることもなし。この後にお口直しとしてアサイボウルを食べたときにゃもう、「ハワイ来てよかったーーーーー!」と(心の中で)絶叫しました。

とにかくパパドフライドキムチライス→アサイボウル→パパドフライドキムチライス→アサイボウルの無限ループが最高なんですよ。辛しょっぱいのと酸っぱ甘いの組み合わせは犯罪的ですね(´∀`)

絶対またリピします!もしかしたらママドフライドライスより好きかも…?

ビーフシチューみたいなロコモコ

他のお客さんが食べているのを見て「おいしそう!」と思い頼んでみたのがロコモコ(17ドル/2019年12月)。

お肉をリブアイかアンガスビーフパティで選べたので、店員さんおすすめのリブアイにしてみました。

これ、、ロコモコ???まるでビーフシチュー。(味もビーフシチュー)

濃くてこってりとしたお肉たっぷりのビーフシチュー、ご飯、卵、という組み合わせで、感動するおいしさではなかったです。もしかしたらビーフパティにした方が、いかにもロコモコ!を味わえたかもしれません。

ロコモコは見栄えは良くて味もふつうにおいしいですが、フライドライスのほうがおすすめです。

ボガーツカフェの支払方法(チップ)・全メニュー・営業時間・アルコール・トイレ

現金のみ⇒クレジットカードが使えるようになった!

「ボガーツカフェとブーツ&キモズは現金しか使えないから注意」で有名だった(?)のですが、2019年12月に行くとクレジットカードが使えるようになっていました。

クレジットカードで決済する端末。

平日レジで会計するときにはそこで、休日テーブルで会計する場合にもクレカを使える端末を持ってきてくれます。最後にチップを選択する画面が出ますので、自由に選択しましょう。

メニュー

ボガーツカフェのメニュー表ですが、前回訪問時は日本語メニューもありましたが今回は英語版しか見つけられませんでした。

ボガーツカフェの全メニューはこちら↓(2019年12月)

イリーコーヒー3.75、カフェラテ3.5、グリーンティーラテ4.75、キャラメルマキアート5、チャイラテ4.75、アサイボウル12.25、オレオシェイク7.25、キリンビール7、赤ワイン7、ハーフパパイヤ4.5、フレッシュオレンジジュース6.25、スコーン3.5、マルチグレインクロワッサン3.5など

ブレックファストベーグル7.5、ハワイアンワッフル14、ベルギーワッフル9、フレンチトースト13、マンゴークリームソースのパンケーキ14、ママズフライドライス13、ガーリックシュリンプフライドライス13、アドボフライドライス13、パパズキムチフライドライス15、エッグベネディクトクラブケーキ24、エッグベネディクトハム16、チキンベジーオムレツ17、イタリアンオムレツ13、ロコモコ17、コーンビーフハッシュブリスケット17、オールアメリカンブレックファスト12など

クラブケーキ&アボカドサンドイッチ20、ローストチキンサンドイッチ12、アボカドサンドイッチ11、BLTサンドイッチ10、ボガーツバーガー14、クロックマダム14、パスタボロネーゼ23、パスタポモドーロ14、シュリンプパスタ20、ガーリックシュリンププレート16、クラブケーキサラダ19、アボカドチキンサラダ14など

営業時間

ボガーツカフェの営業時間です。15時に閉店してしまう。。

  • 午前7時〜午後3時

場所・行き方・トロリー

ボガーツカフェはワイキキの東、モンサラットアベニュー沿いにあります。

私はバスで近くの停留所まで行ってそこから歩くのですが、なかなかボガーツカフェの近くまで行ってくれるバスがありません。

なので実際はホノルル動物園辺りから歩いて行くことが多いですね。歩いて20分ほどですが、散歩だと思って歩きますよ^^

トロリーでワイキキ水族館で降りて、そこから歩いたこともありました。

ボガーツカフェの真ん前の停留所はJTBのオリオリトロリー、HISのレアレアトロリーの停留所になっているので、利用できる方はボガーツカフェ近くまで行けて便利です。

ボガーツカフェ真ん前の停留所。バスの本数は少ない。

駐車場

ボガーツカフェの前には駐車場があるので車で行くこともできますが、周りのお店と共同の駐車場になっているため昼時などは空きがありません。

車で行く場合は昼時を避けたほうが良さそうです。

アルコール

ボガーツカフェではアルコールも販売しています。

レジ横にも置いてあります。

アルコールは店内のみでしか飲めません。

トイレ

ハワイの飲食店は店内にトイレがないお店が多いのですが、ボガーツカフェは店内奥にトイレがあります。

しかもハワイでありがちな暗証番号入力や鍵を借りることなく、普通にドアを開けて使えるので助かります。

トイレの標識がかわいい。

まとめ

以上、ハワイの人気カフェ「ボガーツカフェ」の紹介でした。

マメ
マメ
ハワイに着くとまず1番に向かうほど大好きなお店!

モンサラット通りにあり、行くのは少し大変ですが、それでも行く価値は多いにあります。ぜひパパズキムチフライドライスとアサイボウルを食べてみてみて下さいね〜!

「るるぶハワイ」も読めるTマガジン(初月無料)

ハワイへ行く前・滞在中におすすめなのが、Tマガジンに申し込むこと。TSUTAYAが運営するTマガジンではなんと「るるぶ」が読み放題なんです。

dマガジンにも楽天マガジンにも「るるぶ」はないので、旅行前ならTマガジンがおすすめ!初回1ヶ月0円なので、無料期間だけ利用することも可能。

450誌もの雑誌が読み放題で、事前にダウンロードしておけばインターネットの使えない機内や、ハワイで通信量が制限されているときでも見ることができますよ^^

そのまま解約しないと自動で継続してしまうので、無料期間だけ利用したい方は解約手続きを忘れずに。続けても1ヶ月400円(税抜)で450誌読み放題です。

Tマガジンで読める雑誌一覧を見てみる


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です